クレジットカードとカードローンの比較

商品を購入する際、クレジットカードを利用する方法もあれば、カードローンでお金を借り入れて買う方法もあります。同じように商品を手に入れることができますが、クレジットカードにはそれ以上に魅力があるのです。クレジットカードは、海外において身分証明証としての役割を果たしますし、購入した商品の破損や盗難に対して補償してくれる保険機能も付いています。不正利用された場合にも補償されています。提携ショップでは割引サービスを利用して安く購入できますし、利用した分のポイントも付与されます。そう考えると、クレジットカードはメリットが多く、普段の生活においても大変便利です。もちろんカードローンにもメリットがあって、まとまった金額が必要な時には便利です。そういった利点をよく理解した上で、どちらが自分の用途に合っているかを判断し、利用することが大切です。

クレジットカードの利便性

最近では、ほとんどの支払いをクレジットカードで済ませることが出来るので、便利な世の中になったと思います。自分の所有しているカードは、年会費無料で、ポイント失効期限の無いタイプです。ポイントの貯まる率より、期限を気にしない方が性に合っているので、ポイントはゆるく貯めています。以前はコンビニや少額の買い物ではクレジットカードを使うのを嫌がられたため(クレジットカードは店舗側が使用手数料を何パーセントか取られるため)、現金も持ち歩いていましたが、クレジットカードが普及して、今ではコンビニでの支払いもクレジットカードを利用しています。

最近ではお弁当と飲み物で数百円だとしても、「カードで良いですか?」とも聞かなくなったし、お店側も(そもそもアルバイトは気にしないのかもしれませんが)何も言ってこなくなりましたね。なので、あまりにカードに頼りすぎて、一部の個人商店でカードが使えずに現金で払うと、お釣りをもらうのを忘れてしまいます。もう現金がなくなる日も近いのかもしれないですね。

ネットオークションなどをクレジットカードで払っています。

クレジットカードを持つようになってからよく利用するようになったのがネットオークションやフリマアプリです。ネットショップなどは代引きがありますのでクレジットカードが無くてもそんなに面倒臭いことは無いのですが、個人相手のネットオークションやフリマアプリでは滅多に代引きはしてもらえません。なのでちょっと使い難いと思っていました。ですが、サイト自体がクレジットカード払いに対応していればその面倒臭さはありません。ということで、クレジットカードを持つようになってからそれらをかなり利用するようになりました。もちろんとても安く購入しているものばかりなので節約にもなっています。クレジットカード払いでしたら振り込み後の連絡とかもいらないので、かなり楽で気に入っています。

クレジットカードの仕組みは?

例えば、先ほどの2万円の服の例えで一度考えてみましょう。買い物に行って2万円の服を買おうとしたら財布に1万円しか入っていなかった場合ここでクレジットカードを持っていると、足りなかった1万円分を前借りさせてもらえます。しかし、お店の立場になって考えてみればあなたに1万円を前借りさせてあげている状態なのでお金を返してもらうまでの間、(一時的ではありますが)1万円の損をしている事になります。1人のお客さんの場合ならまだしも極端な話、来るお客全員がクレジットカードを使って支払った場合、お店はお客さんに後払いさせてあげてばかりで、大損ですよね。こう考えると、いっけんお店が損をするだけのように思えますが実は、 お金を前借りさせてくれているのはお店ではなくクレジットカード会社 なんです。クレジットカード会社があなたに代わってお金をお店に払ってくれます。なぜクレジット会社がそこまでしてくれるのかというと売り上げの何%かのお金をお店からもらえるからです。(まあ、だいたい4%くらいが相場です)これがクレジットの仕組みです。