クレジットカードの利便性

最近クレジットカードを持つようになりましたが、とても便利なものだと感じました。というのも、自分自身よく旅行に出かけるのですが、クレジットカードを持っていると、宿やレンタカー、新幹線の予約等を手っ取り早くできるからです。特にレンタカーでもカーシェアリングを利用する場合には、絶対にクレジットカードが必要になる場合もあるようですし、宿も宿によってはクレジットカード情報をWeb予約の際に入力しないといけない場合もあります。それと旅行先では思わぬ出費がかさんだりして、現金が足りなくなることも多々あるのですが、クレジットカードがあれば、現金が無くても払えるので、非常に助かります。 クレジットカードは危ないと考えている方も多く見受けられますが、実際にはとても便利で、盗まれてもすぐ使用停止にできることから現金よりも安全であると思われますので、皆さん是非活用してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードとカードローンの比較

商品を購入する際、クレジットカードを利用する方法もあれば、カードローンでお金を借り入れて買う方法もあります。同じように商品を手に入れることができますが、クレジットカードにはそれ以上に魅力があるのです。クレジットカードは、海外において身分証明証としての役割を果たしますし、購入した商品の破損や盗難に対して補償してくれる保険機能も付いています。不正利用された場合にも補償されています。提携ショップでは割引サービスを利用して安く購入できますし、利用した分のポイントも付与されます。そう考えると、クレジットカードはメリットが多く、普段の生活においても大変便利です。もちろんカードローンにもメリットがあって、まとまった金額が必要な時には便利です。そういった利点をよく理解した上で、どちらが自分の用途に合っているかを判断し、利用することが大切です。

クレジットカードの利便性

最近では、ほとんどの支払いをクレジットカードで済ませることが出来るので、便利な世の中になったと思います。自分の所有しているカードは、年会費無料で、ポイント失効期限の無いタイプです。ポイントの貯まる率より、期限を気にしない方が性に合っているので、ポイントはゆるく貯めています。以前はコンビニや少額の買い物ではクレジットカードを使うのを嫌がられたため(クレジットカードは店舗側が使用手数料を何パーセントか取られるため)、現金も持ち歩いていましたが、クレジットカードが普及して、今ではコンビニでの支払いもクレジットカードを利用しています。

最近ではお弁当と飲み物で数百円だとしても、「カードで良いですか?」とも聞かなくなったし、お店側も(そもそもアルバイトは気にしないのかもしれませんが)何も言ってこなくなりましたね。なので、あまりにカードに頼りすぎて、一部の個人商店でカードが使えずに現金で払うと、お釣りをもらうのを忘れてしまいます。もう現金がなくなる日も近いのかもしれないですね。

ネットオークションなどをクレジットカードで払っています。

クレジットカードを持つようになってからよく利用するようになったのがネットオークションやフリマアプリです。ネットショップなどは代引きがありますのでクレジットカードが無くてもそんなに面倒臭いことは無いのですが、個人相手のネットオークションやフリマアプリでは滅多に代引きはしてもらえません。なのでちょっと使い難いと思っていました。ですが、サイト自体がクレジットカード払いに対応していればその面倒臭さはありません。ということで、クレジットカードを持つようになってからそれらをかなり利用するようになりました。もちろんとても安く購入しているものばかりなので節約にもなっています。クレジットカード払いでしたら振り込み後の連絡とかもいらないので、かなり楽で気に入っています。

クレジットカードの仕組みは?

例えば、先ほどの2万円の服の例えで一度考えてみましょう。買い物に行って2万円の服を買おうとしたら財布に1万円しか入っていなかった場合ここでクレジットカードを持っていると、足りなかった1万円分を前借りさせてもらえます。しかし、お店の立場になって考えてみればあなたに1万円を前借りさせてあげている状態なのでお金を返してもらうまでの間、(一時的ではありますが)1万円の損をしている事になります。1人のお客さんの場合ならまだしも極端な話、来るお客全員がクレジットカードを使って支払った場合、お店はお客さんに後払いさせてあげてばかりで、大損ですよね。こう考えると、いっけんお店が損をするだけのように思えますが実は、 お金を前借りさせてくれているのはお店ではなくクレジットカード会社 なんです。クレジットカード会社があなたに代わってお金をお店に払ってくれます。なぜクレジット会社がそこまでしてくれるのかというと売り上げの何%かのお金をお店からもらえるからです。(まあ、だいたい4%くらいが相場です)これがクレジットの仕組みです。

所得が増えたらクレジットカードでの支払いが断然お得

 所得の少ない人と多い人では、多い人のほうがクレジットカード利用のメリットは大きくなります。なぜなら、所得の多い人は買い物に使う金額が比較的高くなりやすいからです。クレジットカードのポイント還元はだいたいの場合支払った金額の率で決まります。そのため、支払った金額が高ければ高いほどポイント還元も大きくなります。高額所得の人がクレジットカードをよく使うのは、それだけ利用のメリットがあるるからです。 また、クレジットカード会社によって一定金額以上使うと懸賞に応募できる特典もあり、それもたくさん支払金額がある人ならではのメリットです。クレジットカードは使えば使うほどポイントや懸賞への応募に関してはお得になっていますので、所得が増えたらぜひクレジットカードの利用を積極的にするべきです。

イオンカード、かなり活用しています

イオンカードのゴールドカードを持っています。ゴールドカードを持っているのは、高額な利用があったからではなく、ダイエーがイオンに変わる直前にダイエーの株を持っていた人に案内があり、特に条件はなく申し込むことができたからです。特典の一つは、元ダイエーのイオン店舗では、いつでも3%オフになることです。イオンの5%オフの日には8%オフになります。また、私の最大のお気に入りな点は、イオンにあるイオンラウンジを無料で利用できることです。ちょっとしたお菓子と飲み物を一杯いただけます。1枚のカードで4人までOKなので、家族と一緒の時にも利用でき、とてもありがたいです。通常のイオンカードと同じく、5%オフやWAONポイント5倍やときめきポイント2倍など時々あるので、少しずつポイントが貯まるのを楽しみながら利用していて、我が家の生活に欠かせないカードになっています。

JCBクレジットカードのポイント交換

JCBカードのMY JCB(パソコン用会員サイト)に登録しました。この会員登録が、銀行口座番号が必要だったり、秘密の質問を選択して回答を入力しなければならなかったりと、なかなか面倒でした。今回このサイトの登録をした理由は、クレジットカード利用で付与されたポイントを楽天ポイントに交換するためです。ポイント数が少ないため、JCBが用意した商品ではカレンダーくらいしか交換できないので、楽天ポイントに交換する方を選びました。カードの1ポイントは楽天ポイント4ポイント分に変更できました。変更まで1~2週間ほどかかるそうです。2千円足らずのポイントですが、楽天で何か秋らしいスイーツでも買おうかと思っています。それともやっぱりオシャレなカレンダーでも探そうかな。

クレジットカードはポイントが溜められて安心

私はクレジットカードを利用して普段からスーパーやデパートなどで買い物をしていますが、クレジットカードを使う理由といえばポイントをたくさん溜められる安心感や、非常にスムーズに支払いできて現金を出さなくても済むという心強さです。不器用なので財布から小銭を取り出すのに結構時間がかかってしまうこともよく有るのですが、クレジットカードがあればスムーズにレジも通過することが出来ます。小銭を渡したりお釣りを受け取る必要性も発生しませんし、手持ちの現金が現在いくら有るかを気にせずに買い物できるので、とても気が楽です。服屋で欲しい商品と出会ってしまっても、財布のお金が不足しているからといって購入を見送って悔しい思いをすることも無くせますし、クレジットカードがあれば支払った金額の一部をポイントとして溜められます。

クレジットカードにふさわしい人!

クレジットカードは現金を持たずに 買い物ができるなど、とても便利ですが、 注意しなければ引き落とし先の銀行口座にお金がない状態で買い物をしてしまい、最悪クレジットカードの利用を停止させられてしまいます。 またキャッシングなどのサービスもありお金が急に必要になった場合に利用できます。しかしこのサービスは自分に きちんとしていない人には危険な サービスとなっています。キャッシングとはコンビニなどに設置してあるATMなどからお金を借りることができるサービスです。キャッシングには返還期限があり、また利率もかかります。この利率が高いためあまりおすすめできません 。このようなことから クレジットカードを使うのは現金を持ち歩くことをせずに買い物ができるということがメリットであり、お金を借りたいという人ににとってはデメリットが大きい仕組みだといえます。