クレジットカードは出前などのデリバリーでも使える

家にいるときに食事などを電話やインターネットで頼んで、自宅に配達してもらうときがあると思いますけど、そういったときにも実はクレジットカードは使えます。こういったときというのは現金以外で払う人は少ないかもしれません。でも、ちゃんとクレジットカードの支払いに対応している会社が今は多くあるのです。したがって、クレジットカードを持っているならば、あえて現金で支払うのではなくて、クレジットカードで支払いをするという手もあるので知っておくと良いと思います。ただ、どういったデリバリーにおいてもクレジットカード対応しているとは限らないので、クレジットカードでの支払いをしたいと思っているときには、対応が可能なのか?電話で聞いたり、ホームページで調べておく必要があると言えるでしょう。

JALカードでマイルを貯めて帰省

飛行機の距離の土地に住んでいる、主人の祖父母。主人が小さい時には、大変かわいがってもらったそうで、今でも年に2回は会いに行きます。私自身、義祖父母のことは好きですし、会いに行くことに異存はないのですが、大変なのが帰省費用のやりくり。子どもが生まれてからはさらに費用がかさむようになり、ため息をつくこともしばしば。そこで活用し始めたのが、JALカードです。それまでもマイレージカードは持っていて、搭乗マイルは貯めていたのですが、JALカードなら搭乗マイルだけでなく、買い物でもマイルを貯められてお得!光熱費や大きな買い物には必ずJALカードを使い、マイル加算を心掛けました。その甲斐あって、次の帰省はマイルを使って無料で行けそうです。

クレジットカードはどんどん使うべき

クレジットカードを使うようになってから、もう10年以上になりますが、こんな便利なものを怖がって使わない人達は実に勿体無いことをしていると思います。カードを怖がっている人に共通しているのが、借金してしまうのではないかということ。確かにお金に関してだらしない人は、いつの間にかショッピング枠を使い切ってしまい、支払いに四苦八苦する羽目になるかも知れませんが、私は1回払いしか利用したことが無いですから、1円も金利を支払ったことがありません。楽天カードを主に使ってますから、1%のポイント還元がザクザク貯まります。使い始めた当初はネット通販でのみ利用してましたが、いまや家賃支払いや公共料金なども全てカード払い。公共料金支払いでもポイント還元されることは意外と知らない人が多いのではないでしょうか。また、支払いのほとんどをクレジットカードだけにするとポイントがお得な上、お金の出入りも分かりやすくなります。結果的に無駄使いがなくなり、効率良く貯金もできるようになりました。とにかく金利が発生するリボ払いなどに手を出さなければ純粋にお特なのがクレジットカード。一度でも使ってみれば何故今まで怖がってたんだろうと後悔すること間違いなしです。

便利でお得な楽天カード

楽天カードは、使った分だけ毎月ポイントが付与されます。楽天市場でよく買い物をするのでそのポイントをよく利用してお得に買い物が出来ています。楽天カードの毎月の使用料金の合計でポイントが換算されるため、普段の買い物においても常に楽天カードを利用して購入しています。100円以下の安い買い物であっても、現金ではなく楽天カードで決済するようにしています。少ない金額であっても、毎月の使用料金の合計金額がその分増えますので、クレジットカードが使えるショップでは必ず利用するようにしています。年会費が会員のランクによっては無料となり、ETCカードも同じカード番号で利用できるのでとても重宝しています。ETCの利用料金も加算されますので、ポイントが貯まりやすく重宝しています。

流通系カードと毎日の生活

クレジットカードは特別な買い物などに使うイメージがあったのですが、しかし毎日の生活に便利なクレジットカードというものも最近ではあることに気づきました。それはいわゆる流通系のクレジットカードであり、イオンカードやセブンカードなどがあります。これらの流通系のクレジットカードはその該当するお店が近所にあると本当に便利に使えまして、特に割引日が多いのもメリットでしょうね。個人的に持っているイオンセレクトカードは、やはり多くの日で割引サービスが付くことがあるので、その日に集中して買い物をするとトータルで一か月でかなりお得になるので良いですよ。もちろんポイント還元も1%以上の高いものなのでクレジットカードとしても便利です。

クレジットカードの利便性

最近クレジットカードを持つようになりましたが、とても便利なものだと感じました。というのも、自分自身よく旅行に出かけるのですが、クレジットカードを持っていると、宿やレンタカー、新幹線の予約等を手っ取り早くできるからです。特にレンタカーでもカーシェアリングを利用する場合には、絶対にクレジットカードが必要になる場合もあるようですし、宿も宿によってはクレジットカード情報をWeb予約の際に入力しないといけない場合もあります。それと旅行先では思わぬ出費がかさんだりして、現金が足りなくなることも多々あるのですが、クレジットカードがあれば、現金が無くても払えるので、非常に助かります。 クレジットカードは危ないと考えている方も多く見受けられますが、実際にはとても便利で、盗まれてもすぐ使用停止にできることから現金よりも安全であると思われますので、皆さん是非活用してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードとカードローンの比較

商品を購入する際、クレジットカードを利用する方法もあれば、カードローンでお金を借り入れて買う方法もあります。同じように商品を手に入れることができますが、クレジットカードにはそれ以上に魅力があるのです。クレジットカードは、海外において身分証明証としての役割を果たしますし、購入した商品の破損や盗難に対して補償してくれる保険機能も付いています。不正利用された場合にも補償されています。提携ショップでは割引サービスを利用して安く購入できますし、利用した分のポイントも付与されます。そう考えると、クレジットカードはメリットが多く、普段の生活においても大変便利です。もちろんカードローンにもメリットがあって、まとまった金額が必要な時には便利です。そういった利点をよく理解した上で、どちらが自分の用途に合っているかを判断し、利用することが大切です。

クレジットカードの利便性

最近では、ほとんどの支払いをクレジットカードで済ませることが出来るので、便利な世の中になったと思います。自分の所有しているカードは、年会費無料で、ポイント失効期限の無いタイプです。ポイントの貯まる率より、期限を気にしない方が性に合っているので、ポイントはゆるく貯めています。以前はコンビニや少額の買い物ではクレジットカードを使うのを嫌がられたため(クレジットカードは店舗側が使用手数料を何パーセントか取られるため)、現金も持ち歩いていましたが、クレジットカードが普及して、今ではコンビニでの支払いもクレジットカードを利用しています。

最近ではお弁当と飲み物で数百円だとしても、「カードで良いですか?」とも聞かなくなったし、お店側も(そもそもアルバイトは気にしないのかもしれませんが)何も言ってこなくなりましたね。なので、あまりにカードに頼りすぎて、一部の個人商店でカードが使えずに現金で払うと、お釣りをもらうのを忘れてしまいます。もう現金がなくなる日も近いのかもしれないですね。

ネットオークションなどをクレジットカードで払っています。

クレジットカードを持つようになってからよく利用するようになったのがネットオークションやフリマアプリです。ネットショップなどは代引きがありますのでクレジットカードが無くてもそんなに面倒臭いことは無いのですが、個人相手のネットオークションやフリマアプリでは滅多に代引きはしてもらえません。なのでちょっと使い難いと思っていました。ですが、サイト自体がクレジットカード払いに対応していればその面倒臭さはありません。ということで、クレジットカードを持つようになってからそれらをかなり利用するようになりました。もちろんとても安く購入しているものばかりなので節約にもなっています。クレジットカード払いでしたら振り込み後の連絡とかもいらないので、かなり楽で気に入っています。

クレジットカードの仕組みは?

例えば、先ほどの2万円の服の例えで一度考えてみましょう。買い物に行って2万円の服を買おうとしたら財布に1万円しか入っていなかった場合ここでクレジットカードを持っていると、足りなかった1万円分を前借りさせてもらえます。しかし、お店の立場になって考えてみればあなたに1万円を前借りさせてあげている状態なのでお金を返してもらうまでの間、(一時的ではありますが)1万円の損をしている事になります。1人のお客さんの場合ならまだしも極端な話、来るお客全員がクレジットカードを使って支払った場合、お店はお客さんに後払いさせてあげてばかりで、大損ですよね。こう考えると、いっけんお店が損をするだけのように思えますが実は、 お金を前借りさせてくれているのはお店ではなくクレジットカード会社 なんです。クレジットカード会社があなたに代わってお金をお店に払ってくれます。なぜクレジット会社がそこまでしてくれるのかというと売り上げの何%かのお金をお店からもらえるからです。(まあ、だいたい4%くらいが相場です)これがクレジットの仕組みです。